パリのホテル

歴史に彩られたこの家には、有名なファヴァール夫妻の名がついています。彼らはパリでのオペラ・コミックの誕生期にその足跡を残しました。ここでは、彼らの世界に連れてこられたように、まったく18世紀のパリらしい内装を堪能しましょう。豊かで注意深く、控えめな魅力を感じていただけます。

幕を開いてください。すっかり任せてください。
お客様のお世話をいたします・・・

歴史

パリ、1745年

オペラ・コミック座の支配人、シャルル=シモン・ファヴァールは『フェット・ピュブリック』上演の際、ジュスティーヌ・デュロンスレー、通称「マドモワゼル・シャンティー」に魅了されます。 ジュスティーヌとシャルルはこの年の12月12日に結婚。ファヴァール夫妻というパリで最も有名なカップルの信じられないような運命は、このようにして始まったのです。

内装

18世紀のクラシックスタイルをアレンジ、細いストライプが厚手のカーテンを掠め、深紅がチョコレート色になり、旅の思い出が洗練されてメゾンの内装を際立たせています。 そして、視線の偶然に、ファヴァール夫妻の秘密や逸話が顔を覗かせます。

39の客室 | クラシックルーム | デラックスルーム | スイート | デュプレックス